ヒッチハイクの文化や方法、旅行記を綴っています。カナダ北部での生活や文化も紹介。

カナダ北部の動物たち


カナダ北部の動物たち
ヒッチハイクをカナダでしていると、必ず野生の動物達を見ます
どんな時でも動物達は、ゆったりと道路を横切っているものなんです!

そんな中時速100`以上で車をぶっ飛ばしている人もたくさんいますけど(汗;


カナダ北部の道路はある意味サファリパーク並みの動物達との出会いがあります。
僕はカナダで野生の馬が走っている姿を見て本当に感銘を受けました。

そんなカナダの地方に行くとすぐに出会えるような動物で、僕が実際にヒッチハイク、または滞在中に見た動物達をここで紹介します^^



BLACK BEAR

BLACK BEAR

お散歩中

BLACK BEAR

まったり気分^^


まずは、一番の人気者?BLACK BEAR(黒熊)。
カナダのバンクーバー付近や、バンクーバー島などでは人間の狩猟のせいで今はほとんど生息していませんが、北部に行くと道路から歩いているのがよく見えます。

ヒッチハイク中もたくさん見かけました。

五月以降は冬眠から目を覚ます頃なので、非常に危険です

DEER

DEER

メスの鹿

DEER

オスの鹿


お次は森の菜食主義者、DEER(鹿)。

菜食主義者なので、野菜は大好き
農家に忍び込んでは畑を荒す悪さをするため、日夜カナダの農家との壮絶な戦いを繰り広げています(笑)
(その戦いに加わったことがあるので。笑)

これ、本当ですよ。
ちなみに僕のヒッチハイク中では少ししか見ませんでした、なぜか。

MOOSE

MOOSE

ヘラジカ

A MOOSE WARNING SIGN

ヘラジカ用の道路標識


ヘラジカはカナダに多く生息する北の動物の一つです。
ヒッチハイク中は数回だけ見る機会がありました。

カナダではこのヘラジカの肉を食べるそうで、僕も乾燥したものと、燻製した物のオーブン焼きを食べました。

道路標識はノバ・スコシア州のもので、体の黒いヘラジカは夜の道路ではよく見えないため、交通事故がおきる事もしばしばあります。


ちなみにお肉の味は...あんまり(笑)

COUGAR

COUGAR

森の捕食者、ピューマ

cougar

ピューマのメス


続いてはピューマ。カナダではCORGARと呼ばれ、MOUNTAIN LIONとも呼ばれます。
カナダのピューマは一般的な種の2倍近く大きいため、非常に大きな体をしています。

僕は見たことはありませんが、多くの家畜や、さらに人間でさえも被害にあうことがあります。

僕がいたブリティッシュ・コロンビア州にはピューマに森で会い、命からがら逃げてきた話など結構聞きました。

GOLDEN SQUIRREL

GOLDEN SQUIRREL

森の可愛い動物、リス


カナダではよくこのGOLDEN SQUIRRELと呼ばれるリスを見かけました。
ヒッチハイク中は道路脇に佇んでいることもありましたし、ガルフ島の森の中でも見かけたことがありました。

ちなみに北部のカナダ人はこれも食べます(笑)
スープに良いそうですw

BISON

COUGAR

岩のような強さを持つバイソン

COUGAR

バイソンと子供


森の最大の菜食主義者、BISONはカナダのユコン準州ではよく見かけます。
1日の大半の時間を食料である草を取ることに当てる彼らは大きな害のない動物といても過言ではありません。

ちなみに、バイソンの捕食者はピューマであり、壮絶な戦いをする事があるそうです。
一番の捕食者は人間なんですが(汗;

WILD HORSE

WILD HORSE

野生の馬達


カナダ北部ではまだこの野生の馬が生息しているようです。
僕は北部でのヒッチハイク中で始めてその存在を知り、大きな感動を受けたのを覚えています。



どうでしたか、カナダ北部で出会える野性の動物達は?
本当にサファリパーク並みに色々な動物に出会えます。

ここでの動物は僕がヒッチハイクで見たものとカナダの滞在中で出会った動物達だけですので、まだまだ色々な動物がいますよ^^

動物好きにはお勧めのカナダの一面でした^^