ヒッチハイクの文化や方法、旅行記を綴っています。カナダ北部での生活や文化も紹介。

カナダ英語ってどんな感じ?


Let`s learn Canadian English, eh?
基本的にヒッチハイクしたりや簡単な旅行したりするのに全く語学力は必要ないと僕は思っています。
語学力よりもコミュニケーション能力単語の暗記よりも一冊のフレーズズブックと辞書、それだけでどこの国でもやっていけます。

言葉に頼る人は言葉がないと不自由さを感じますが、言葉を使わないで表現できる人は、言葉がない時に楽しみや自由を感じます。


まあ、言葉がどうとかは別にして、カナダ英語にも少し触れておきましょう。
(てか、今から言葉について話そうとしてるのに、どんな前置きなんすか、これ?笑)


よくガイドブックに書かれているのは、カナダ英語はイギリス英語に近くて、“a”のような母音も“アー”ときちんと発音する、しかし近年はアメリカの文化の流れアメリカ英語のようになって来ている、というようなことがよく書いてあります。

僕はアメリカ英語は少しはわかりますが、もともとカナダで英語を覚えたので、他の国の英語訛りからカナダ英語を比較することは難しいです。


しかし、僕が学んだ感じで言うと、カナダ英語は母音の使い方が違う、ということです。

例えば、本という単語の“book”は、
「ブック」ではなく、どちらかと言えば「ボック」という発音になります。
他にも色々ありますが、日本人は特に注意したほうが良い部分はこれでしょう。


それは“i”の使い方です。
例えば、“English”という単語。
日本人は「イングリッシュ」と言いますが、どちらかと言えば「イングレッシュ」のほうが近いです。

つまり、カナダでは“i”の発音が“e”に近いで。
女性の名前の、“Linsey”も同じです。「レンズィー」というような感じで発音します。


あと、有名なのはカナダ人がよく使う、“eh”ですよね^^
基本的にこれは、アメリカでは“huh”になるんですが、カナダではこういう風に言うんで有名なんですね。

“oh”とか“okay”のように使ったり、文章の最後に入れて疑問形のようにする事が出来ます。
例えば、バンクーバーのお土産物屋さんなんかにも“eh?”と書かれた売られたシャツが売られていたり

例えば日本の英語教科書でありますよね、こんなの。
“This is an apple,isn`t it?”

これがカナダ英語では、 “This is an apple,eh?”こうなるわけですね^^
(そりゃ噛んでみなきゃ梨かリンゴかわかりませんよ!笑)

そういえば、イギリス英語ではライド“ride”をリフト“lift”と言いました。
(ヒッチハイクでもそうですし、人を車に乗せること。)

これが一般的なカナダ英語の特徴です。
面白いでしょ、eh?
カナダ北部の動物達 >>