ヒッチハイクの文化や方法、旅行記を綴っています。カナダ北部での生活や文化も紹介。

ヒッチハイクの歴史


ヒッチハイクの歴史
ヒッチハイクの歴史はほとんど日本では知られていません。
これはカナダや他の英語圏でも知っている人はほとんどいないんです

ヒッチハイクをしている時に、僕は誰が始めたのかなー、と気になり調べていました。
日本では初公開ヒッチハイクの歴史です。

ヒッチハイクの始まり

ヒッチハイク自体はさすがに何世紀も歴史があるわけではありませんが、初期にこの言葉が登場したのは“The Nation”と呼ばれる新聞“Ney York weekly magazine”で1923年の事です

この記事では既に多くの若者が常に2人組か3人組で旅行をアメリカ中を旅行するためにハイウェイ横に立ち車に乗せてもらっていることや、カナダのモントリオールまでヒッチハイクをした女性のインタビューなどがあります。

まだヒッチハイクはアメリカ以外では広く知られておらず、人々には奇怪に見えたのかもしれません。


次に歴史上にヒッチハイクという言葉が使われたのが、1927年に発刊された“The Glasgow Herald”というスコットランドの新聞でした。

ここで書かれているのは、「アメリカで新たな言葉が誕生した。それは“ヒッチハイク”である」
と続き、ここからアメリカでのヒッチハイクの事が簡単に書かれていきます。

つまり、ヒッチハイクの起源は1920年代の初期にアメリカの若者たちが“500マイルもの距離をタダで旅行するために”始めたのがきっかけでした。
(“”の部分は“The Glasgow Herald”からの表現の引用です)

初めての事件

最初にヒッチハイクでの問題が取り上げられたのは、1930年の事でした
“The Java Herald”というアメリカ、サウスダコタの新聞の記事です。

内容は、クララ・ヒレルドという19歳の女性がキャンベル湖に姉妹と一緒にいたところ、急用で帰宅しなくてはならず、ヒッチハイクで帰宅しようと歩いて家路に向かいました。
すると、2人の男性が彼女に声を掛け、彼女は彼らの車に乗り込み勧められた飲み物を口にしたところ意識が無くなった、という話です。
幸いにも彼女は麻薬を盛られただけで、強姦や暴力などはありませんでしたし、発見された彼女は病院に運ばれ数日後に帰宅したようです。


その後もアメリカではヒッチハイクの歴史は進んでいきます。
ヒッチハイクが生まれて30年余りの事、アメリカではヒッチハイカーのコミュニティーが生まれました。

1940年の事で、“The London Times”が“A College of Thumbers”という記事を書いています。
ヒッチハイクが始まってから早20年近くでアメリカ人の間ではすごくヒッチハイクが定着して来ているようです。


その後、40年代以降は少しずつヒッチハイクに関する本も出版され、ここまで来ると人々の間ではしっかりと定着した旅行の楽しみ方になってきました。

なぜヒッチハイクの歴史を?

ヒッチハイクの歴史に関しては英語圏では残っていますが、日本ではほとんど皆無です。
特に日本ではヒッチハイクのやり方を紹介している人たちはいるものの、歴史まで触れている人は本当に数人です。

ですので、今回ヒッチハイクの歴史について簡単に触れてみました。
最後にヒッチハイクの歴史と年号も載せておくので興味のある人はチェックして下さい^^

ヒッチハイクの文献はほとんど英語圏の新聞に残されているので、新聞名をそのまま記載しています。 ヒッチハイクの歴史年号(Oxford Dictionaryなどを参照)

■1923年−The Nation 9月19日−ヒッチハイクは常に2人または3人で行われる。
■1927年−New Masses 9月6日−「多くの若い女性がパリへの旅行か、ヒッチハイクでニューイングランドを旅することに頭がいっぱいになっている」という記事が出る
■1930年−The Java Herald−ヒッチハイクで初めて被害者の話が記事になる。クララ・ヒレルドという19歳の女性が被害に。
■1935年−G. STEIN Let. 12月−アメリカ人が親指を立ててヒッチハイクをすることを英国で説明する
■1940年−The London Timesg−ヒッチハイクのコミュニティー“A College of Thumbers”が話題になる
■1945年−Daily Mirror−当時の英国赤十字福祉団の5人の修道女が“空”のヒッチハイクでロンドンからオーストラリアまで飛ぶ
■1958年−The Manchester Guardian−一人の男性が世界一周をヒッチハイクでしようと決める。(その後の情報はなし)
■1960年−Sunday Express 11月6日−ヒッチハイカーを乗せた車がタンクローリーと衝突する
ヒッチハイカーの起源、原型 >>