ヒッチハイクの文化や方法、旅行記を綴っています。カナダ北部での生活や文化も紹介。

エピローグ〜この旅を振り返って〜


夕暮れのガルフ島、海沿いの眺め

【夕暮れのガルフ島、海沿いの眺め】

僕のヒッチハイクの約10日間の旅はこれで終わった。

僕は約5500`を、南北でいうと2000`弱の距離を進んだ。
日没時間は2時間も異なる距離の移動だった。


この旅は自分でハードなものにしてしまったので、旅が終わった後はすごい疲労だった。


目的のオーロラは15時間くらいの差で見ることは出来なかったが、それはいつでも見にいける。
しかし、オーロラ以上に僕は北に住む人と話したり、その人の家に泊めてもらったり、ヒッチハイクでは多くの人に助けてもらい、この大きな旅行を無事に終わらせることが出来たことを嬉しく思った。


冬はマイナス50度以下の、5月になっても湖が凍ったままの地域に住む人は少し特異な存在でもあった。
そういう人たちとの出会いや会話は僕の人生のこれからに必ず活きてくるだろう。


旅路で出会った全ての人、僕を乗せてくれたドライバー達、そして僕をWhitehorseまで導いてくれた亡くなった女性、僕の友人達や家族、全ての人たちに感謝する。


そして、僕の長かった旅行記を読んでくれたあなたにも感謝をします。


「どうもありがとう。」
【カナダヒッチハイク旅行】の目次に戻る >>